こんな仕事、あんな仕事

マル農のひと

Share on FacebookTweet about this on Twitter

道法さんは国内外を縦横無尽に飛びまわり、各地の農家を集めて講習会を開き、技術を伝えているおじさんだ。いわば「 流しの農業技術指導員」。
道法さんが説く農法はあまりにも独特なので、初めて耳にした者は誰しも半信半疑になる。曰く、芽の伸ばし方、枝の切り方、実を摘むタイミングなどを工夫すれば、肥料を一切使わなくても作物は元気に育つ。そのうち農薬も不要になる。
穀物もくだものも野菜もおいしくつくることができて、収量も増える。つまりこれは地球環境を守るとともに儲かる農業 への道である……。

道法正徳さん

道法スタイルは既存の自然栽培や有機栽培とはまったく違う。もちろん肥料や農薬をたっぷり使う昔ながらの農協のやり方とはまるで相容れない。ところが道法さん自身がかつて農協の指導員だったというのだから、はなしは俄然おもしろくなってくる。

「……というね、いかにもあなたが好きそうな変なおっちゃんがいるんやけど。はなしを聞いて本にしたらどうやろ」

と友人に言われたのは、いまから3年前のこと。道法さんが東京に来る機会をとらえて、池袋の喫茶店で初めてお会いした。広島弁全開で、たまにベタな下ネタを折り混ぜつつ、革命的な農法について熱く語る道法さん。はっきり言って、ほとんど理解できなかった。なにしろこっちは農業の「の」の字も知らないのだ。おそらく道法さんは呆れたと思う。あちゃちゃ、こいつには革命を説く前にアンシャン・レジームを丁寧に説明する必要がある、と悟ったはずだ。そこから、長い取材の旅が始まった。

わたしがもっとも興味を惹かれたのは、道法さんという人間の特異なあり方だ。道法さんは瀬戸内海に浮かぶ島の農協で仕事をしながら、おそらくこれまで世界中の誰も気づかなかった農法にたどり着いた。この奇跡の最大の理由は、道法さんが「組織のなかにあってひとを見なかった」ことにあるとわたしは睨んでいる。

本書の後半は、道法スタイルの実践者たちを訪ねたレポートになっている。お会いしたのは生産者が4人、大学の先生とワイナリーの経営者と地方公務員がひとりずつ。計7人のそれぞれに農の人生があり、圧倒されるはなしばかりだった。農業について取材しに行ったつもりが、思いがけず水俣病や福島原発事故の貴重なはなしを聞かせてもらう展開になったりもした。でも考えてみれば当然かもしれない。農業は環境問題やエネルギー問題と地続きなのだ。変なおっちゃんから連なる先には、やっぱり変なひとたちが生きていた。みんな、この人生で与えられた任務を背負って今日も土の上を歩く。

左右社より、2020年8月刊行。文と絵:金井真紀 取材協力:道法正徳ほか 

装幀:矢萩多聞 定価:本体1,700円+税

http://sayusha.com/catalog/books/p9784865282887c0095

Comment





Comment