いつも何かを調べてる

踊り子の恋は昭和の香り

2011-08-11
Share on FacebookTweet about this on Twitter

昭和30年代を舞台にしたドラマのリサーチ。

登場人物に「ストリップ小屋で働く女性」がいるのだけど、
監督はそのシーンをなるべくリアルに再現したいのだという。
踊り子は控え室で何を着てた? 何を食べてた? どんな音が聞こえてた?
なんてことが知りたいのである。
図書館で調べても、永井荷風先生が踊り子をはべらせている写真が見つかるばかり。
ここはやっぱり突撃取材でしょう!と浅草フランス座に直電話。
「会長だったら、昔のこと知っているかも」
と教えられ、会長さんに会いに行く。

「あれは渥美清が体を壊していた頃だから昭和30年より前か…」
「東八郎っていう男はモテてねぇ…」
なんて、話の端々に昭和の浅草風味満載。テンションあがるなぁ。
芸人さんと踊り子さんの職場恋愛は多かったみたい。
もともと家が貧しくて踊り子さんになった娘が多いのだけど、
その日その日に限って言えば、芸人さんよりよっぽど稼ぎはいいわけで。
だから男に貢ぐ。そして捨てられる。お約束のパターンだ。
自分もその世界にいたら、ぜったい男に貢いでいたと思う。
古今東西、そういう恋にハマる女の型って決まっていて、
たぶんわたしもその一味…な気がする。

思いきって「元・踊り子さんを紹介してもらえないでしょうか?」と頼むと、
会長は「踊り子をやってたことを隠して結婚していく子も多いからねぇ」
と言いながら、いまでも交流のある浅草在住の方に連絡をとってくれた。
「じゃ、そこのファミレスで会いましょう」なんて気軽に出てきてくれたのが
年の頃70くらいの元・踊り子さん。
「中学を出てからアクロバット教室で修行を積んで、踊り子になった」由。
アクロバット教室っていう響きが、なんか、すごい。
当時の踊り子さんの稼ぎは、下っ端で1日300~500円。
トップスターになるとキャバレーの内職なんかもできるから
日給3万円以上とっていたらしい。
「人気が出ると、楽屋の入り口でプレゼント渡されたりするの」。
ふーん、そういう世界なんだ。
きっとファンにもらった差し入れを、惚れた男に気前よくあげちゃうんだろうなぁ…。

Comment





Comment