いつも何かを調べてる

西太后に肝を冷やした話《序章》

2011-10-31
Share on FacebookTweet about this on Twitter

中国近代史の番組。

…ということしか決まってないんだけど、とリサーチの依頼くる。
「打ち合わせまでに、適当におもしろネタを挙げといて。
イメージは『蒼穹の昴』っぽい感じで、よろしく!」

いやいやいや、適当にと言われましても
中国近代史だけじゃ広すぎるでしょう。
しかもチュンル(蒼穹の昴の主人公)は実在しませんから。
と心の中でつっこみつつ、あくまでサラリと調べ物スタート。
宦官のつくり方、西太后の女帝ぶり、科挙ってこんなに大変だった話…
この段階で早まって本やDVDを買ってはいけない。
ネタ決定までにはディレクター、プロデューサー、その他大勢の偉い人
の好みや気分が大きく関わってくる。
手を広げすぎても、方向性が変わる可能性大。
近所の区立図書館とインターネットで、経費をかけずに
基本的な情報を集めておくにとどめる。
ザッツ、不況下のリサーチャー。
…しかしそれが、のちにアダとなったのである。

つづく

Comment





Comment