いつも何かを調べてる

緊縛師のまなざしに愛が宿る《前編》

2011-08-23
Share on FacebookTweet about this on Twitter
「SMのドキュメンタリー番組を作るからリサーチせい」
という命がくだったのは、かれこれ6、7年前のこと。
その後、企画は頓挫し…現在にいたる。
(そういうこと、実に多い。寝かしたままの企画の数々。
この子たちが目覚める日は来るのだろうか。とほほ)

ただ、取材に通った日々の記憶は、妙に色濃い。
最初はSMショップに入るだけでドキドキ。
これは仕事なんだ、と自分に言い聞かせ、エイヤッと入店するも、
売られているムチやロウソクを前に視線がさまよってしまう。
どうにかこうにかSM専門誌を購入し、その編集部に電話をかけてリサーチ開始。
そこから数珠つなぎに女王様や愛好家を紹介してもらい、
取材は順調に進んでいった。
そう、東京のSM界は地下水脈でつながっていて、
そこの住人たちはみんなとても親切なのだった。

なかでも印象深いのがくだんの緊縛師。
緊縛を芸術の域まで高めたと評価される、大巨匠だった。
指定された取材場所は渋谷の雑居ビルの一室。
靴を脱いで、布で仕切られた小さなスペースへと通され、絨毯にじかに座る。
薄暗い照明が、いかにもいかがわしい。
わたし、このまま縛り上げられてしまうのだろうか…。
と、そこへ、巨匠登場。
日本一の緊縛師は60代半ばのおじさんで――
仏様のようなおだやかな表情をしていた。
た、ただものではない。

聞けば、緊縛というのは愛に満ちた世界なのだった。
他人に一糸まとわぬ姿をさらし、縛り上げられることで
日々、武装して世間と向き合っている心は解放される。
巨匠の緊縛はいつも、最後に縄を解くと、やさしく抱きしめて
「よく頑張ったね」と声をかけて終わるのだという。
すると縛られた人は、
「あぁ、頑張っている自分を抱きしめてくれる人がいる」という感慨に、
涙があふれてしまうんだとか。
たぶん主眼は、縛られることではなく、その後に抱擁されることなんだろう。
こつこつとお金をためて年に一度上京し、
巨匠に縛ってもらう(=抱きしめてもらう)ことで
あとの364日のつらさを乗り切っている人もいる由。
これはもう信仰だなぁ。
仏様みたいなお顔をしているのもうなずける。

SMって、人間って、奥深い。
番組にはならなかったけど、この巨匠に会えただけでよかったなぁ。

*****

しばらくして、巨匠の訃報に接した。
仏様がほんとうに仏様になったのである。
ディレクターとふたり、喪服を着てお別れの会に向かった。
(つづく)

Comment





Comment