CGプロデューサー

2013-01-30
Share on FacebookTweet about this on Twitter

山道を疾走する自動車、反射光を宿す口紅、
チョコレートの箱、お茶のペットボトル…。
いま、コマーシャル映像で見る商品のほとんどは
コンピュータグラフィックス(CG)だ。

達人は、窓のない部屋で何日も作業に没頭する。
「CGで描くのに苦労するのは
水…、炎…、それから煙…ですね」
融通無碍なるものとの静かな対峙。

「ぼくらが言われてはいけないのは…
『これCGっぽいね』という言葉です」
CGに見えないよう、徹夜でCGをつくる。
うーむ、なんだか悟りのような世界なのだった。

Comment





Comment