空手家

2013-03-15
Share on FacebookTweet about this on Twitter

空手家の父の下に生まれ、道場で育った。
強くなれ、と言われ
強くなりたい、とまっすぐに。

ひたすら稽古に打ち込み、めきめきと頭角を現す。
が、ここ一番の試合になると、どうしても硬くなってしまう。
その心の弱さに悩んだ。
どうしたら俺はもっと強くなれるのか。
10代20代を悩み抜いたと言ってもいい。

もがいた末に編み出したのが、
ガチガチに緊張するイメージトレーニング。
「稽古のときから、自己暗示をかけるんです。
ダメだ!緊張しちゃってぜんぜん体が動かない!
って」
これが効いた。
いざ、大事な試合で硬くなっても
“その状態”で練習を積んできたから、慌てずにすむ。

グローブのように大きな手。
突きのしすぎで、手の甲に皮膚が貼り付いている。
強くなることは、一回、弱くなること。

Comment





Comment