百貨店店員

2013-01-28
Share on FacebookTweet about this on Twitter

老舗百貨店にお勤めの、きちんと女子。
好印象を旨とした髪型とメイク、自然体のほほえみ。
だが驚くべきは、ほほえみの奥に潜む
女スパイのような深謀であった。

買ってくださるお客様ではなく
「見てるだけ」という方にいかに目を配るか。
そこがワタクシどもの仕事です。
お客様の視線を追う――あくまで、さりげなく。
どのタイミングで声をかけるか。
もちろん、かけなくていい場合もあります。
その見極めが勝負の分かれ目。
そして、最大の山場は。
何も買わずに帰るお客様に
「またお待ちしています」をいかに感じよく言えるか。
「次」があるかどうか、そこで決まります。

うーん、深い。
目の前のことに集中し、かつ、目先のことにとらわれない。
商売の基本だナ。

あいざわ | 2013.01.28 22:03

深いですね。先輩からの教育でそうなるのでしょうか?

うずまき堂 | 2013.02.01 11:28

あいちゃん、コメントありがとー。
どうなんだろうねー。
勘のよさ、みたいなものは
天性の部分もあるのかなー。

Comment





Comment