画商

2013-06-24
Share on FacebookTweet about this on Twitter

煙草の箱をトントンと叩いて1本取り出す。
「名画って言われてる絵の、何割がホンモノなんだろうねぇ」
マッチを擦って、炎を掌で囲うようにして、
「贋作と知ってて取引したら犯罪だけど」
くわえ煙草の口で、ことさら不明瞭に言う。
「自分も騙された場合は、仕方がないもんねぇ」

いいなぁ、画商。
この怪しい雰囲気。

煙をすぱぁっと吐いて、
「あのねぇ、僕らが『いいんじゃないですか』って言ったら、
そーゆー意味だからね」

絵を鑑定して、ホンモノだったら「これは間違いないですね」と言うらしい。
そうじゃないときは「いいんじゃないですか」って言うらしい。
家に帰ってシャツを脱ぐと、ほんのり煙草の香。
この話自体が、贋作だったりして。

曳家岡本 | 2015.03.29 19:25

よし!いいんでないですか!を極めてやります!
「レースメーカー」をお見せしたいです。

Comment





Comment