出版プロデューサー

2013-02-19
Share on FacebookTweet about this on Twitter

出版界に北風ぴゅーと吹く昨今、
この人が手がけた本はなぜか売れる。
それも多くの場合、まったく無名の著者の本。

手順はこうだ。
①「これは!」という面白い人を発見する。
②その人に原稿を書かせ、出版社に売り込みにいく。
③断られても売り込み続ける。「これは!」の直感を信じて。

「これは!という人は…
1000人に3人くらいの割合でいます」

うーむ、コンマ3パーセントの確率か。
1000人に会ってみるしかないんだろうな。
と、わたしの心の内を見透かしたのか、
ヒントをひとこと付け加えてくれた。

「その3人は、まばらにいるわけではない」

面白い人は、固まって分布している。
なるほど、世界はそういう作りになっているのか。

Comment





Comment