丹頂鶴の飼育員

2013-01-10
Share on FacebookTweet about this on Twitter

ツル語が話せるようになったのは偶然ではない。
「あーーー!」
「あいっ!」
「あうううう!」
とアイウエオ順に音を組み合わせて、話しかけていった。
空に向かって。
出せる限りの大声で。
「それしかねえべさ、ツルに聞くしか手はねえべ」
気の遠くなる言語探求の道。

ほとんどの人間語は無視された。
でも、たまにツルが反応する言葉があった。
それを繰り返して、徐々に会話になっていったのだという。
ヨーウ(俺だよ)
クロック(好きだよ)
イェイイェイ(また明日な)
……

「ずっと上を向いて叫んでっから、
ジャンパーの胸んとこが唾で汚れんだ」
胸のあたりに目をやると、あわてて
「あ、むかし着てたやつな。
このジャンパーは新しいからきれいだべ」

nitadori | 2013.01.11 12:24

む、また話し手をあわてさせてるな…

uzumakido | 2013.01.12 8:38

自覚しておりませんでしたが
わたしは「達人あわてさせ屋」か^^

Comment





Comment