ヴィオラ奏者

2013-01-18
Share on FacebookTweet about this on Twitter

「どこのクラスにも、なんとなく華やかで、
自己主張が強いタイプっていますよね。
そういう子がヴァイオリンに向いてるんです。
うちの妹もヴァイオリンやってるけど、
まさにそのタイプだなー。ふふ」

自身も3歳からヴァイオリンを習ったが
途中でヴィオラに転向したのだという。

「ヴィオラはね、えーっと、受け止め役。
地味にみんなを調整するタイプ、ですね。
表立ってメロディを弾かない分、
自分の持ち味が出せるオイシイ楽器で。ふふ」

国際コンクールで1位になった演奏家の
頰はほんのり桜色。

「あ、知ってます?
ヴィオラの音の周波数は、人間の声に近いんですって。
だからヴィオラの音を聞くとホッとするみたい。ふふ」

私はヴィオラとヴァイオリンの区別も覚束ない。
でも、このほんわかと楽しそうにしゃべる彼女自身が
ヴィオラなんだということがなんとなくわかった。

Comment





Comment