プロボクサー

2013-04-18
Share on FacebookTweet about this on Twitter

すげえ貧しかったとか差別されたとか、
劇的な動機がないと強くなれない感じするじゃん、ボクシングって。
だから俺、まあまあ勝てるようになってからも
「最後はハングリーさで負けるかもな」ってのがずっとあって。

でも、あるとき思ったわけ。
そんなことグチグチ考えてたって今さらハングリーになれねえし、
俺はもう恵まれていることを大事にするしかねえなって。
ひとつひとつ、めちゃくちゃ丁寧にやってやろうって決めてさ。
だから俺、バンデージ巻くの、たぶん世界でいちばんうまいよ。

…それから少し経って、男はチャンピオンになった。

Comment





Comment