プロゴルファー

2013-03-26
Share on FacebookTweet about this on Twitter

ずいぶん年をとってからプロゴルファーを目指した。
「嫁はん呆れとったけど、ようよう説得してな、
一回だけならプロ試験を受けてもいいってなって。
よっしゃ、それで駄目なら諦めるって俺、約束してん」

その大事なプロ試験で、ボールが消えた。
カラスの仕業かもしれない。
ともかく、それで不合格。
「あり得んやろ、そんなこと。
でもそんとき俺、これはついてる、と思てん。
こんなにアンラッキーなことがあったんだから、
次は必ずラッキーが起こるってな」

あり得ないアンラッキーが起きたとき
そんなふうに考えられる人がいるんだなぁ。
二度目の挑戦で結果を出したのもえらいけど
「頼む、もう一回だけ」を許した嫁はんも、えらい。

Comment





Comment