パティシエ

2013-03-11
Share on FacebookTweet about this on Twitter

俺、菓子屋のせがれ。
だからどっかでナメとった。
ケーキなんて分量通りにつくればできるってナ。

縁あって有名パティシエのところに修行にいったら
毎日100回くらい叱られた。
白いコックコートの下に黒いTシャツ着たら大目玉。
両手が塞がってて冷蔵庫の扉を足で閉めたら雷が落ちる。
指に付いたグラニュー糖をパッてはたいたら、延々と説教。
やることなすこと、ぜんぶダメ出し。
俺、親方は俺のこと嫌いなんやって、
2年か3年、ずっとそう思っとった。

だけど最後の最後にわかった。
冷蔵庫を足蹴にするような、グラニュー糖を床に落とすような
コックコートから黒が透けてるような、そういう美意識のやつに
ぜったいにおいしいケーキはつくれない。
はぁ〜っ、気づくまでに時間かかったぜ。

Comment





Comment